2020年8月24日 遂に日本初登場! エズラ・ミラー映画初出演&主演作 アフタースクール 2020年8月24日 遂に日本初登場! エズラ・ミラー映画初出演&主演作 アフタースクール

AFTERSCHOOL 8月24日(月)よる9:00 9月14日(月)あさ6:00
AFTERSCHOOL 8月24日(月)よる9:00 9月14日(月)あさ6:00
イントロダクション

イントロダクション

演技派俳優、そしてファッション・アイコンとして今、最も注目を集める人気俳優エズラ・ミラーが、映画初出演にして主演を務めたミステリアスなドラマ「アフタースクール」が遂に日本初上陸する。
エズラ・ミラーが演じたのは、2人の女生徒の死を撮影してしまった名門高校の学生ロバート。撮影当時16歳の透明感あふれる演技で、インターネットに溢れる刺激的な動画に惹かれてしまう、思春期特有の危うさを持った少年を好演。⻑編映画初出演とは思えない存在感で、スターの誕生を予感させる。
脚本・監督を務めたのは、プロデューサーとしても活躍する気鋭のアントニオ・カンポス。
2人の少女の死をきっかけに広がる不穏な空気や、学校内の影の部分が浮き彫りとなる様を描き、誰もが動画を撮影し、発信できる時代の陰の部分にフォーカスを当てる。

イントロダクション
ストーリー

ストーリー

東海岸にある名門私立高校に通うロバートは、インターネット上に溢れる過激な動画に心惹かれ、自分でも撮影するようになる。ある日、偶然、2人の上級生の悲劇的な死をカメラに収めてしまった。
一刻も早く校内の日常を取り戻そうとする学校は、2人の追悼を動画で行うことにし、ロバートはその制作を課題として出される。

しかし、ビデオによる追悼は、生徒や教師の間に被害妄想と不穏な空気を作り出すのだった。

ストーリー
エズラ・ミラー:ロバート/ロブ

スタッフ&キャスト

エズラ・ミラー:ロバート/ロブ

高校を中退後、「アフタースクール」に出演し、俳優として本格的に活動を始める。2011年に出演した「少年は残酷な弓を射る」がカンヌ国際映画祭で上映され、世界的な注目を集める。他には『ファンタスティク・ビースト』シリーズのクリーデンス・ ベアボーン役やDCエクステンデッド・ユニバースの「ジャスティス・リーグ」のバリー・アレン / フラッシュ役などで知られる。ミュージシャンとしても活動。また、奇抜で個性的、ジェンダーレスなファッション・アイコンとしても注目されている。

ジェレミー・アレン(ジェレミー・アレン・ホワイト):デイヴ

ウィリアム・H・メイシー主演のドラマ「シェイムレス 俺たちに恥はない」で、メイシー演じる主人公の息子リップ・ギャラガー役で知られる。小学生の頃から、バレエ・ジャズ・タップダンサーとして活躍。中学生になり俳優を志すようになる。「シェイムレス…」は、高校卒業後すぐの出演作。プライベートでは、「アフタースクール」にも出演している女優のアディソン・ティムリンと交際しており、2018年には第一子が誕生、2019年に婚約した。

エモリー・コーエン:トレヴァー

主演のエズラ・ミラーと同じく「アフタースクール」で俳優デビュー。高校を卒業後、フィラデルフィアにあるザ・アーツ大学に奨学金を得て進学。ドラマ「SMASH/スマッシュ」や映画「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」等に出演。俳優としてキャリアを着実に築いている。2015年には、シアーシャ・ローナン主演の「ブルックリン」に出演し、注目を集めた。2019年にはナオミ・ワッツ主演の「ウルフ・アワー」に出演。

エズラ・ミラー:ロバート/ロブ
監督・脚本・制作:アントニオ・カンポス
監督・脚本・制作:アントニオ・カンポス

20本以上の短編映画やドキュメンタリーを監督し、21歳で短編映画「Buy It Now』は2005年のカンヌ国際映画祭シネフォンダシオンでワールドプレミアされ、第1位を受賞。1年後にカンヌのレジデンスプログラムに参加し「アフタースクール』の脚本を執筆した。レジデンスプログラムを修了させるのと「アフタースクール』の制作の合間となる、2007年のカンヌ国際映画祭には、短編映画「The Last 15』を出品している。「アフタースクール」が長編映画デビュー作。監督だけでなく、「マーサ、あるいはマーシー・メイ」や村上龍の同名小説をミア・ワシコウスカ主演で映画化したサイコ・スリラー「ピアッシング」等で、製作者としても活躍している。

監督・脚本・制作:アントニオ・カンポス