21世紀の新名画

光りの墓
月曜よる9時

後世語り継がれるであろう、21世紀の名画。 2001年以降に製作された映画の中から、観るべき映画100本をシネフィルWOWOWが厳選。
海外批評サイトでも評価の高い「21世紀の新名画」をご堪能ください。

『光りの墓』ほか

1月の放送作品

※「特集:アピチャッポン・ウィーラセタクンの不思議な世界」

  • 世紀の光
    テレビ初

    1月6日(月)21:00

    世紀の光

    タイの異才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督が2部構成で描く不思議なドラマ。前半は緑豊かな地方の病院、後半は近代的な病院を舞台に、相似た逸話が反復されていく。

  • ブンミおじさんの森
    ベーシック初

    1月20日(月)21:00

    ブンミおじさんの森

    タイの異才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督が、死期の迫った主人公が森の中で体験する不思議な出来事を幻想的に描写。第63回カンヌ国際映画祭でパルムドール受賞。

  • 光りの墓
    テレビ初

    1月27日(月)21:00

    光りの墓

    『ブンミおじさんの森』で知られるタイの異才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督による夢幻的傑作。奇病にかかった男性たちが眠り続ける病院は、かつて王様の墓だった。

2月の放送作品

  • ミッドナイト・イン・パリ

    2月3日(月)21:00

    ミッドナイト・イン・パリ

    ウディ・アレン監督が手掛けるファンタジー・コメディ。パリを訪れた脚本家が、1920年代の世界に迷い込み幻想的な時間を過ごす。主演はオーウェン・ウィルソン。

  • プレステージ(2006)

    2月10日(月)21:00

    プレステージ(2006)

    ヒュー・ジャックマンVSクリスチャン・ベール、2人の天才マジシャンの壮絶な争いをクリストファー・ノーラン監督が描く。原作は世界幻想文学大賞受賞小説「奇術師」。

  • サウルの息子
    ベーシック初

    2月17日(月)21:00

    サウルの息子

    ユダヤ人強制収容所内でのある囚人の過酷な運命を見つめ、第68回カンヌ国際映画祭グランプリ、第88回アカデミー賞外国語映画賞など数々の賞に輝いた衝撃の人間ドラマ。

過去の放送作品

  1. セッション(2014年 アメリカ)
  2. オアシス [デジタルリマスター版](2002年 韓国)
  3. ナチュラルウーマン(2017年 チリ=ドイツ=スペイン=アメリカ)
  4. ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年 アメリカ)
  5. Mommy/マミー(2014年 カナダ)
  6. ルージュの手紙(2017年 フランス)
  7. レスラー(2008年 アメリカ)
  8. 愛、アムール(2012年 フランス=ドイツ=オーストリア)
  9. フランシス・ハ(2012年 アメリカ)
  10. ボルベール<帰郷>(2006年 スペイン)
  11. イリュージョニスト(2010年 イギリス=フランス)
  12. ウォールフラワー(2012年 アメリカ)