21世紀の新名画

愛、アムール
月曜よる9時

後世語り継がれるであろう、21世紀の名画。 2001年以降に製作された映画の中から、観るべき映画100本をシネフィルWOWOWが厳選。
海外批評サイトでも評価の高い「21世紀の新名画」をご堪能ください。

『愛、アムール』ほか

11月の放送作品

  • レスラー

    11月4日(月)21:00

    レスラー

    ミッキー・ロークが中年プロレスラーの悲哀を体当たりで熱演してアカデミー主演男優賞にノミネート。主人公の苦闘がローク自身のカムバックに重なり、男泣きを誘う感動作。

  • 愛、アムール

    11月11日(月)21:00

    愛、アムール

    ジャン=ルイ・トランティニャンとエマニュエル・リヴァを主演に迎え、名匠ミヒャエル・ハネケ監督が描く重厚な人間ドラマ。人生の最終章を迎えた夫婦の姿を静謐に描く。

  • フランシス・ハ

    11月18日(月)21:00

    フランシス・ハ

    やることなすこと何一つうまくいかないものの、それでもめげない27歳のドジで不器用なヒロインの等身大の日常を、ノア・バームバック監督が軽妙洒脱に綴った青春ドラマ。

12月の放送作品

  • ボルベール<帰郷>

    12月2日(月)21:00

    ボルベール<帰郷>

    『トーク・トゥ・ハー』などのペドロ・アルモドバル監督による人間ドラマ。母、娘、孫娘の3代の女性たちの確執と和解を笑いと涙たっぷりに綴る。主演はペネロペ・クルス。

  • イリュージョニスト

    12月9日(月)21:00

    イリュージョニスト

    『ベルヴィル・ランデブー』のシルヴァン・ショメ監督が、喜劇王ジャック・タチが遺した幻の脚本をアニメーション映画化。老手品師と少女の温かくも切ない交流を描く。

  • ウォールフラワー

    12月16日(月)21:00

    ウォールフラワー

    エマ・ワトソンら若手俳優陣共演でスティーヴン・チョボスキーの青春小説を映画化。周囲になじめず“壁の花”になっていた男子高校生は、年上の兄妹との出会いで成長する。

過去の放送作品

  1. セッション(2014年 アメリカ)
  2. オアシス [デジタルリマスター版](2002年 韓国)
  3. ナチュラルウーマン(2017年 チリ=ドイツ=スペイン=アメリカ)
  4. ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年 アメリカ)
  5. Mommy/マミー(2014年 カナダ)
  6. ルージュの手紙(2017年 フランス)