21世紀の新名画

ヘイトフル・エイト [R15+指定版]
月曜よる9時

後世語り継がれるであろう、21世紀の名画。 2001年以降に製作された映画の中から、観るべき映画100本をシネフィルWOWOWが厳選。
海外批評サイトでも評価の高い「21世紀の新名画」をご堪能ください。

『ヘイトフル・エイト [R15+指定版]』ほか

3月の放送作品

  • オールド・ボーイ(2003)

    3月2日(月)21:00〜

    オールド・ボーイ(2003)

    パク・チャヌク監督が、15年にもわたって監禁され、自由を奪われた男性による復讐を描いたバイオレンスアクション。第57回カンヌ国際映画祭で審査員グランプリを受賞。

  • ヘイトフル・エイト [R15+指定版]

    3月9日(月)21:00〜

    ヘイトフル・エイト [R15+指定版]

    クエンティン・タランティーノ監督が過去の大作西部劇を再現しようと挑戦。映画音楽の名手エンニオ・モリコーネが第88回アカデミー賞で史上初めて作曲賞に輝いた話題作。

  • フォックスキャッチャー

    3月16日(月)21:00〜

    フォックスキャッチャー

    スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロらの共演で、米国で実際に起きた衝撃的事件を再現。大富豪とレスリング金メダリストの関係が崩壊していく。

4月の放送作品

  • 哭声/コクソン

    4月6日(月)21:00〜

    哭声/コクソン

    『チェイサー(2008)』『哀しき獣』の鬼才ナ・ホンジン監督が國村隼らをキャストに迎えた異色犯罪サスペンス。なぜのどかな地方の村で猟奇連続殺人事件が起きたのか。

  • 皇帝ペンギン

    4月13日(月)21:00〜

    皇帝ペンギン

    第78回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した自然ドキュメンタリー。過酷な南極で精一杯生きて子どもを育てる皇帝ペンギンたちの姿が感動的。後に続編も誕生。

  • グッバイ、レーニン!

    4月20日(月)21:00〜

    グッバイ、レーニン!

    東西ドイツ統一の裏側で時代に翻弄される家族の悲喜劇をコミカルに描き、ベルリン映画祭で最優秀ヨーロッパ映画賞を受賞したドラマ。ダニエル・ブリュールが主演を務める。

過去の放送作品

  1. セッション(2014年 アメリカ)
  2. オアシス [デジタルリマスター版](2002年 韓国)
  3. ナチュラルウーマン(2017年 チリ=ドイツ=スペイン=アメリカ)
  4. ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年 アメリカ)
  5. Mommy/マミー(2014年 カナダ)
  6. ルージュの手紙(2017年 フランス)
  7. レスラー(2008年 アメリカ)
  8. 愛、アムール(2012年 フランス=ドイツ=オーストリア)
  9. フランシス・ハ(2012年 アメリカ)
  10. ボルベール<帰郷>(2006年 スペイン)
  11. イリュージョニスト(2010年 イギリス=フランス)
  12. ウォールフラワー(2012年 アメリカ)
  13. 世紀の光(2006年 タイ=フランス=オーストリア)
  14. ブンミおじさんの森(2010年 タイ=イギリス=フランス=ドイツ=スペインほか)
  15. 光りの墓(2015年 タイ=イギリス=フランス=ドイツ=マレーシア)
  16. ミッドナイト・イン・パリ(2011年 スペイン=アメリカ)
  17. プレステージ(2006)(2006年 アメリカ=イギリス)
  18. サウルの息子(2015年 ハンガリー)