世界がふり向くアニメ術

AKIRA【アニメ術 大友克洋】
第一日曜よる9時

日曜よるは、日本のアニメーション映画を深掘りする。 今や世界を魅了する日本のアニメ映画。名作の本編と共に、
研究者による解説やスタッフのインタビューで、作品の魅力を紐解きます。

『AKIRA【アニメ術 大友克洋】』ほか

お申込みから約30分で見られます! 加入月は視聴料0円! 詳しくはこちら スカパー!

『世界がふり向くアニメ術』では、毎月一人の監督、演出家を取り上げ、代表的な劇場用作品を1~2本オンエアします。本編の前後にはアニメ研究の第一人者・氷川竜介さんによる「どこをどう見るべきか」との解説や、制作に携わったタッフたちのインタビューも。「映画」の見方でアニメーションを観る──よく知っていたはずの作品にさえ、きっと新しい発見があることでしょう。

氷川竜介

■ 解説者:氷川竜介

1958年生まれ、東京工業大学卒。明治大学大学院 特任教授。1977年、最初期のアニメ特撮マスコミでデビュー。メーカー勤務を経て2001年に文筆家として独立、数々の媒体に記事を執筆し、「NHK BSアニメ夜話」などに解説者として出演。日本のアニメーション、特撮研究の第一人者である。文化庁メディア芸術祭審査委員、毎日映画コンクール審査委員、声優アワード審査委員、東京国際映画祭プログラミング・アドバイザーなどを歴任。主な編著等:「20年目のザンボット3」(太田出版)、「世紀末アニメ熱論」(キネマ旬報社)、「アキラ・アーカイヴ」(講談社)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集」(カラー)、「日本特撮に関する調査報告書」(文化庁)、「細田守の世界--希望と奇跡を生むアニメーション」(祥伝社)、「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」(カラー)など。

1月の放送作品

大友克洋

『Fire-ball』『童夢』等、それまでもSFマインドに溢れる作品を発表していた鬼才漫画家が、1982年、満を持して「週刊ヤングマガジン」誌上で長期連載を開始した超大作『AKIRA』。その連載中の1988年、自ら監督を務め劇場用長編アニメとして完成した『AKIRA』はその独創的な未来観、緻密な作画、スケールの大きな物語で日本のみならず世界中に多くのファンを生み出した。作品の舞台ともなっている、東京オリンピックを翌年に控えた2019年の初頭に、この予言的とも言える大作をお届けする。

プロフィール
〈1954年4月14日宮城県生まれ〉

1973年に『漫画アクション』にて「銃声」でマンガ家デビュー。以降、『漫画アクション』を中心に短編漫画を数多く発表。1983年に発表した『童夢』『AKIRA」は、圧倒的な画力による革新的なSF作品として、その後のマンガ界に大きな影響を与えた。特に代表作である『AKIRA』は爆発的な人気を誇り、6ヶ国語に翻訳もされている。1987年にはアニメーションの世界に足を踏み入れ、1988年、『AKIRA』の長編アニメーションの監督を自ら務める。本作で国内外から高い評価を得て、その後は1995年に『MEMORIES』、2004年に『スチームボーイ STEAMBOY』などのアニメーションを手がける。 2005年にはフランス政府より芸術文化勲章シュバリエを、2013年には日本政府より紫綬褒章を受章するなど、世界に浸透している日本のアニメムーブメントの先駆けとして、その功績が高く評価されている。

  • AKIRA【アニメ術 大友克洋】

    1月6日(日) 21:00

    AKIRA【アニメ術 大友克洋】

    1988年 日本
    監督:大友克洋
    出演:金田:岩田光央/鉄雄:佐々木望/ケイ:小山茉美/竜:玄田哲章

    傑作アニメの見方を研究者・氷川竜介が紐解く『世界がふり向くアニメ術』。新年第一弾はまさに2019年を舞台にした鬼才・大友克洋監督による『AKIRA』をオンエア!

〈1月 インタビュー・ゲスト〉

山城祥二
音楽
山城祥二(やましろしょうじ)

芸能山城組・組頭。作曲・演出などアーチストとしての活動とともに、本名の大橋力(おおはし・つとむ)名で情報環境学の提唱や脳科学者として「ハイパーソニック・エフェクト」を発見するなど、多彩な活動を行っている。1974年、芸能山城組を創立。アマチュアの立場を貫きながらブルガリアやジョージアの合唱、バリ島のケチャ、ガムランなど世界諸民族の80系統に及ぶパフォーマンスを上演。『輪廻交響楽』『翠星交響楽』など多くのオリジナル作品をリリース。1979年『芸能山城組ライブ』で日本レコード大賞企画賞、1989年大友克洋監督の映画『AKIRA』の音楽で日本アニメ大賞最優秀音楽賞受賞。

2月の放送作品

押井守

TVシリーズの演出から始まり、劇場用作品を監督するようになった押井守は、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』以後、「現実と虚構」の狭間を描き大きな注目を集めるようになった。インターネットが普及を始める1990年代半ばに公開された『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』は、士郎正宗の漫画原作を元にしたSFで、丁寧に描き込まれや近未来の風景やガジェットの中でアクションが展開、また高度にネットワーク化された情報社会における「自己」の在処を問う哲学的な作品でもある。劇場公開後、発売されたソフトが米国の業界紙「ビルボード」のビデオの週間売上チャートで第1位を獲得し、「押井」の名を一気に世界に広めたこの伝説的作品をお届けする。

プロフィール
〈1951年8月8日 東京都生まれ〉

ラジオ番組制作会社等を経て、タツノコプロダクションに入社、TVシリーズの演出を始める。やがて劇場用作品『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984)を監督、以後の作品でも問い続ける「現実と虚構」の狭間を描き、大きな注目を集める。アニメーションの他に実写作品や小説も数多く手がけており、主な作品に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995)、『Avalon』(2001)、『イノセンス』(2004)、『スカイ・クロラ The Sky Crawler』(2008)等。今回オンエアする『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』は2017年にスカーレット・ヨハンソン主演でハリウッド映画化もされている。

  • GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊【アニメ術 押井守】

    2月3日(日) 21:00

    GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊【アニメ術 押井守】

    〈インタビュー・ゲスト:川井憲次(音楽)〉

    1995年 日本
    監督:押井守
    出演:田中敦子/大塚明夫

    傑作アニメの見方を研究者・氷川竜介が紐解く『世界がふり向くアニメ術』。あのジェームズ・キャメロンも絶賛、押井守の名を世界に知らしめた記念碑的作品をオンエア!

〈2月 インタビュー・ゲスト〉

音楽
川井憲次(かわいけんじ)

現在オンエア中の朝ドラ『まんぷく』ほか、アニメ、映画、ドラマ、ゲームと幅広くサウンドトラックを手掛ける音楽家。押井守監督とは『機動警察パトレイバー』の諸作、OVA『御先祖様万々歳!』、劇場用アニメ『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawler』、劇場用実写映画『紅い眼鏡』『アヴァロン』『立喰師列伝』等々、多くの作品でコンビを組んでいる。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』では多彩な打楽器の使用や民謡歌手にブルガリアンポリフォニー的な合唱をさせるなどのアプローチで、映画の無国籍的な世界観を音楽の面からも支えた。