世界がふり向くアニメ術

『パプリカ【アニメ術 今 敏】』ほか
第一日曜よる9時

日曜よるは、日本のアニメーション映画を深掘りする。 今や世界を魅了する日本のアニメ映画。名作の本編と共に、
研究者による解説やスタッフのインタビューで、作品の魅力を紐解きます。

『パプリカ【アニメ術 今 敏】』ほか

お申込みから約30分で見られます! 加入月は視聴料0円! 詳しくはこちら スカパー!

『世界がふり向くアニメ術』では、毎月一人の監督、演出家を取り上げ、代表的な劇場用作品を1~2本オンエアします。本編の前後にはアニメ研究の第一人者・氷川竜介さんによる「どこをどう見るべきか」との解説や、制作に携わったスタッフたちのインタビューも。「映画」の見方でアニメーションを観る──よく知っていたはずの作品にさえ、きっと新しい発見があることでしょう。

氷川竜介

■ 解説者:氷川竜介

1958年生まれ、東京工業大学卒。明治大学大学院 特任教授。1977年、最初期のアニメ特撮マスコミでデビュー。メーカー勤務を経て2001年に文筆家として独立、数々の媒体に記事を執筆し、「NHK BSアニメ夜話」などに解説者として出演。日本のアニメーション、特撮研究の第一人者である。文化庁メディア芸術祭審査委員、毎日映画コンクール審査委員、声優アワード審査委員、東京国際映画祭プログラミング・アドバイザーなどを歴任。主な編著等:「20年目のザンボット3」(太田出版)、「世紀末アニメ熱論」(キネマ旬報社)、「アキラ・アーカイヴ」(講談社)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集」(カラー)、「日本特撮に関する調査報告書」(文化庁)、「細田守の世界--希望と奇跡を生むアニメーション」(祥伝社)、「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」(カラー)など。

3月の放送作品

今 敏

アニメーション監督今 敏は、黒澤明を始め、数々の映画作品の影響を受けた実写的な演出スタイルと精緻な画面構成で海外でも高く評価を受けた。その作品はベルリンやヴェネツィアといった国際映画祭でも採り上げられ、海外で配給されたりもしている。 早すぎる死に、その才能を惜しむ声は国内外で今も止まない。3月の世界がふりむくアニメ術では、そんな今監督の最高傑作と謳われる「パプリカ」をご覧いただこう。

プロフィール
〈1963年10月12日 北海道生まれ〉

1963年、北海道出身。武蔵野美術大学在学中の1984年、漫画家としてデビューし、大友克洋のアシスタントを務めるかたわら自作を発表。その後、大友が関わったアニメ作品『老人Z』(1991)、『MEMORIES/彼女の想いで』(1995)等の作品で、美術設定、レイアウト、原画、脚本ほかさまざまな職種をこなし、アニメ界で異彩を放ち始める。1997年、劇場用作品『PERFECT BLUE』で監督デビュー。以後、『千年女優』(2002)、『東京ゴッドファーザーズ』(2003)、筒井康隆原作の『パプリカ』(2006)を発表。2010年、膵臓癌のため46歳の若さで死去。

  • パプリカ【世界がふり向くアニメ術 今 敏】

    3月3日(日) 21:00

    パプリカ 【アニメ術 今 敏】

    〈インタビュー・ゲスト:加藤道哉(撮影監督/CGディレクター)〉

    2006年 日本
    監督:今 敏
    出演:千葉敦子:林原めぐみ/時田浩作:古谷徹/乾精次郎:江守徹/島寅太郎:堀勝之祐

    アニメの見方を研究家・氷川竜介が紐解く『世界がふり向くアニメ術』。46歳の若さで早世した天才・今 敏監督のヴェネツィア国際映画祭出品作をオンエア!

〈3月 インタビュー・ゲスト〉

撮影監督/CGディレクター
加藤道哉(かとうみちや)

サイクロングラフィックス代表。昨年劇場公開された『若おかみは小学生!』『さよならの朝に約束の花をかざろう』を始め、『四畳半神話体系』(2010)、『宇宙戦艦ヤマト 復活編』(2009)等数々の劇場用、TVアニメーションで撮影監督、VFXスーパーバイザー、オープニング映像演出等を手掛ける。またTVシリーズ『おでんくん』(2005~2009)、「おかあさんといっしょ」内で流れた『きらららダンス』(2018)等、自身の監督作もある。『パプリカ』では今 敏監督の豊かなヴィジュアル・イメージを具現化すべく、あり得ないほどのレイヤーを重ねたCG、新たな映像表現開発に奮闘した。

4月の放送作品

  • 人狼 JIN-ROH 【アニメ術 沖浦啓之】

    4月7日(日) 21:00

    人狼 JIN-ROH 【アニメ術】

    〈インタビュー・ゲスト:西尾鉄也(作画監督)〉

    2000年 日本
    監督:沖浦啓之
    出演:伏一貴:藤木義勝/雨宮圭:武藤寿美/辺見敦:木下浩之/室戸文明:廣田行生

    アニメの見方を研究家・氷川竜介が紐解く『世界がふり向くアニメ術』。昨年、韓国で実写化もされた、押井守原案・脚本、沖浦啓之監督によるセルアニメの到達点をオンエア!
    第二次大戦後十数年が経った架空の日本。首都圏では、反体制のセクトと呼ばれる過激派たちと首都警と呼ばれる警察機構の対立が激化していた。ある日、首都警の特殊部隊=特機隊の前衛隊員・伏(ふせ)は目の前でセクトの少女に自爆されてしまい、査問にかけられる。養成学校での再訓練のさなか、伏の前に死んだ少女の姉が現れ、やがて二人の間に親密な関係が生まれるのだが……。

〈4月 インタビュー・ゲスト〉

作画監督
西尾鉄也(にしおてつや)

1968年生まれ。1990年代初頭から数々のTVアニメ、OVA、劇場用作品の原画を担当、1995年の『NINKU -忍空-』(TV/劇場版)からキャラクター・デザイン、作画監督も。『人狼 JIN-ROH』(2000)、『イノセンス』(2004)、『スカイ・クロラ The Sky Clawlers』(2008)等、押井守関係の諸作や『NARUTO』のTV、劇場版シリーズで主要スタッフを務めるほか、『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ、『ももへの手紙』(2012)、『百日紅 ~Miss HOKUSAI』(2015)、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(2017)等の話題作でも原画を担当。