世界がふり向くアニメ術

ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱 【アニメ術】
第一日曜よる9時

日曜よるは、日本のアニメーション映画を深掘りする。 今や世界を魅了する日本のアニメ映画。名作の本編と共に、
解説やスタッフのインタビューで、作品の魅力を紐解きます。

『ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱 【アニメ術】』ほか

お申込みから約30分で見られます! 加入月は視聴料0円! 詳しくはこちら スカパー!

『世界がふり向くアニメ術』では、毎月、日本を代表する名作アニメーションをピックアップし、オンエアします。本編前にはダイジェスト映像に合わせて作品の見どころや成り立ちを平野文さんのナレーションでご案内。そして本編後には、作品に関わった制作スタッフの方のインタビューをお届けします。アニメをより面白く、より深く楽しんでいただくための番組、それが『世界がふり向くアニメ術』。

平野文

■ナレーター:平野文(ひらの・ふみ)

東京生まれ。子役から深夜放送「走れ!歌謡曲」のDJを経て、テレビアニメ「うる星やつら」のラム役で声優デビュー。89年東京築地魚河岸三代目の小川貢一と見合い結婚。主著に「築地魚河岸嫁ヨメ日記」(小学館)ほか。
声の仕事は「平成教育委員会」~「令和教育委員会」の出題ナレーション、アニメでは「うる星やつら」(ラム)の他に「アニメ三銃士」(ミレディ)「つり球」(ケイト)「キラッとプリ☆チャン」(萌黄マーサ)「ワンピース」(マザー・カルメル)「名探偵コナン」(若狭留美)など多数  。

8月の放送作品

  • ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱 【アニメ術】

    8月2日(日)21:40〜

    ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱 【アニメ術】

    ≪解説≫
    1980年代半ばに制作された『ゲゲゲの鬼太郎』第3期、TVシリーズと並行して作られた劇場版の第4作。ネズミ男の大活躍が楽しめるこの傑作を監督インタビューと共に。

    ≪あらすじ≫
    冬なのに発生した台風=怪気象が妖怪たちと共に東京に上陸。大混乱のさなか、ネズミ男とユメ子はカロリーヌという少女を助けるが、カロリーヌが妖怪に連れ去られてしまう……。普段はズル賢いばかりのネズミ男が少女と心を通わせ、最後は大立ち回りを見せる異色作にして傑作。インタビュー・ゲストは本作の監督にして、現在、大人気アニメ『おしりたんてい』のシリーズディレクターを務める芝田浩樹。

〈8月は『ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱』〉

劇場公開当時は20代半ばの俊英!
現在、『おしりたんてい』も手がける芝田浩樹監督が登場!

インタビューでは……
東映動画(現・東映アニメーション)第一期研修生の仲間について/第3期『鬼太郎』の基本的な方針/MTVの影響/ネズミ男=富山敬さんの想い出……等々、貴重なお話が続々!

監督
芝田浩樹(しばた・ひろき)

1960年生まれ。アニメ監督。研修生として東映動画(現・東映アニメーション)に入社。「Dr.スランプ アラレちゃん」で演出家デビュー。『ゲゲゲの鬼太郎』第3期ではシリーズディレクター補佐を務めた。2018年から『おしりたんてい』シリーズディレクター。

9月の放送作品

  • わが青春のアルカディア 【アニメ術】

    9月6日(日)21:00〜

    わが青春のアルカディア 【アニメ術】

    ≪解説≫
    漫画家・松本零士が描く世界の重要人物キャプテン・ハーロックの若き日を描くSFアニメ。宇宙海賊誕生の秘話が明かされる。平野文のナレーションによる作品解説付き。

    ≪製作≫
    1982年 日本 監督:勝間田具治

    ≪監督≫
    勝間田具治

    ≪出演≫
    ファントム・F・ハーロックI:石原裕次郎
    キャプテン・ハーロック/ファントム・F・ハーロックII:井上真樹夫/大山敏郎
    トチロー:富山敬
    マーヤ:武藤礼子