世界がふり向くアニメ術

王立宇宙軍 オネアミスの翼 【アニメ術】
第一日曜よる9時

日曜よるは、日本のアニメーション映画を深掘りする。 今や世界を魅了する日本のアニメ映画。名作の本編と共に、
研究者による解説やスタッフのインタビューで、作品の魅力を紐解きます。

『王立宇宙軍 オネアミスの翼 【アニメ術】』ほか

お申込みから約30分で見られます! 加入月は視聴料0円! 詳しくはこちら スカパー!

『世界がふり向くアニメ術』では、毎月一人の監督、演出家を取り上げ、代表的な劇場用作品を1~2本オンエアします。本編の前後にはアニメ研究の第一人者・氷川竜介さんによる「どこをどう見るべきか」との解説や、制作に携わったスタッフたちのインタビューも。「映画」の見方でアニメーションを観る──よく知っていたはずの作品にさえ、きっと新しい発見があることでしょう。

氷川竜介

■ 解説者:氷川竜介

1958年生まれ、東京工業大学卒。明治大学大学院 特任教授。1977年、最初期のアニメ特撮マスコミでデビュー。メーカー勤務を経て2001年に文筆家として独立、数々の媒体に記事を執筆し、「NHK BSアニメ夜話」などに解説者として出演。日本のアニメーション、特撮研究の第一人者である。文化庁メディア芸術祭審査委員、毎日映画コンクール審査委員、声優アワード審査委員、東京国際映画祭プログラミング・アドバイザーなどを歴任。主な編著等:「20年目のザンボット3」(太田出版)、「世紀末アニメ熱論」(キネマ旬報社)、「アキラ・アーカイヴ」(講談社)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集」(カラー)、「日本特撮に関する調査報告書」(文化庁)、「細田守の世界--希望と奇跡を生むアニメーション」(祥伝社)、「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」(カラー)など。

5月の放送作品

  • 王立宇宙軍 オネアミスの翼 【アニメ術】

    5月5日(日) 21:00

    王立宇宙軍 オネアミスの翼 【アニメ術】

    〈インタビュー・ゲスト:山賀博之(監督)〉

    1987年 日本
    監督:山賀博之
    出演:伏一貴:シロツグ・ラーダット:森本レオ/リイクニ・ノンデライコ:弥生みつき/マナ:村田彩/マティ:曽我部和恭

    究家・氷川竜介がお届けする『アニメ術』。プロの舞台へ駆け上がろうとする若きスタッフたちが、自らの姿を投影するかのように精魂込めて制作したSFアニメをオンエア!
    地球とは別の星にある王国オネアミス。戦わない軍隊「王立宇宙軍」の兵士シロツグと仲間たちは覇気のない日常を送っていた。だが路上で神への信仰を説く少女リイクニとその弟に出会ったシロツグは、天啓にうたれたかのように、その世界で初となる有人宇宙船の飛行士に志願、老人エンジニアたちや仲間と共にまず宇宙船の建造からスタート……。インタビュー・ゲストは「庵野秀明に『破片』を描かせたかった」と語る山賀博之監督。

〈5月 インタビュー・ゲスト〉

監督
山賀博之やまがひろゆき

1962年、新潟県新潟市生まれ。大阪芸術大学芸術学部映像計画学科中退。 1981年、第20回日本SF大会(通称「DAICON 3」)のオープニング・ムービーを庵野秀明らと共に制作、このチームが後にDAICON FILMに発展し、特撮やアニメの自主映画制作を始める。やがて『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の企画をバンダイにプレゼン、製作が決定し、株式会社ガイナックスを設立。その後も『アベノ橋魔法☆商店街』等の監督や、脚本 など、様々なアニメ作品に関わる。2019年、『ピアノの森』第2シーズンを監督。

6月の放送作品

6月の「世界がふり向くアニメ術」は特別編成として、3か月連続「日本アニメ史に残る3大名作」をお届けいたします。