世界がふり向くアニメ術

ルパン三世 カリオストロの城【アニメ術 宮崎駿】
第一日曜よる9時

日曜よるは、日本のアニメーション映画を深掘りする。 今や世界を魅了する日本のアニメ映画。名作の本編と共に、
研究者による解説やスタッフのインタビューで、作品の魅力を紐解きます。

『ルパン三世 カリオストロの城』ほか

『世界がふり向くアニメ術』では、毎月一人の監督、演出家を取り上げ、代表的な劇場用作品を1~2本オンエアします。本編の前後にはアニメ研究の第一人者・氷川竜介さんによる「どこをどう見るべきか」との解説や、制作に携わったタッフたちのインタビューも。「映画」の見方でアニメーションを観る──よく知っていたはずの作品にさえ、きっと新しい発見があることでしょう。

氷川竜介

■ 解説者:氷川竜介

1958年生まれ、東京工業大学卒。明治大学大学院 特任教授。1977年、最初期のアニメ特撮マスコミでデビュー。メーカー勤務を経て2001年に文筆家として独立、数々の媒体に記事を執筆し、「NHK BSアニメ夜話」などに解説者として出演。日本のアニメーション、特撮研究の第一人者である。文化庁メディア芸術祭審査委員、毎日映画コンクール審査委員、声優アワード審査委員、東京国際映画祭プログラミング・アドバイザーなどを歴任。主な編著等:「20年目のザンボット3」(太田出版)、「世紀末アニメ熱論」(キネマ旬報社)、「アキラ・アーカイヴ」(講談社)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集」(カラー)、「日本特撮に関する調査報告書」(文化庁)、「細田守の世界--希望と奇跡を生むアニメーション」(祥伝社)、「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」(カラー)など。

10月の放送作品

序章

後に海外市場を視野に入れた長編作品『NEMO/ニモ』(1989)に結実する、ウィンザー・マッケイ漫画原作の『リトル・ニモ』の、違うスタッフによるパイロット版(=試作版)2種類を取り上げ、アニメーションにおける「演出」とは何か、東映動画系と虫プロ系、日本のアニメ史の原点となった2つの流派の違いを明らかにしていきます。

  • リトル・ニモ パイロットフィルム【アニメ術 序章】

    10月7日(日) 21:00

    リトル・ニモ パイロットフィルム【アニメ術 序章】

    〈インタビュー・ゲスト:友永和秀(作画担当)〉

    1984/1987年 日本
    監督:近藤喜文/出﨑統

    傑作アニメに秘められた制作者たちの「術」を、研究者・氷川竜介が紐解く番組『世界がふり向くアニメ術』。第1回は同じ原作から2チームが作った短編を比較、日本のアニメの源流を遡る。

宮崎駿

言わずと知れた、世界中にファンを持つアニメーション監督・宮崎駿。漫画映画らしい魅力あふれる動き、城の上下を往き来するドラマ作りの妙など、長編初監督作品にして既に溢れる「宮崎イズム」を紐解いていきます。

プロフィール
〈1941年1月5日東京都生まれ〉

学習院大学卒業後の1963年、東映動画(現・東映アニメーション)に入社。その後いくつかのプロダクションを移りながら、「未来少年コナン」で初の単独演出を手掛ける。「ルパン三世 カリオストロの城」(79)で劇場映画監督デビュー。84年の「風の谷のナウシカ」のヒットにより、アニメ作家として広くその名を知られることに。そして85年、製作拠点として高畑勲とともにスタジオジブリを設立する。その後は「天空の城ラピュタ」をはじめ、子どもから大人まで幅広い支持を集める名作を次々と発表。海外でも高い評価を獲得し、日本アニメーションの巨匠として確固たる地位を築く。

  • ルパン三世 カリオストロの城【アニメ術 宮崎駿】

    10月14日(日) 21:00

    ルパン三世 カリオストロの城【アニメ術 宮崎駿】

    〈インタビュー・ゲスト:友永和秀(作画担当)〉

    1979年 日本
    監督:宮崎駿
    出演:ルパン三世:山田康雄/クラリス:島本須美

    傑作アニメに秘められた制作者たちの「術」を、研究者・氷川竜介が紐解く番組『世界がふり向くアニメ術』。第2回はご存じ宮崎駿監督の初長編作を取り上げ、作劇、演出の特徴に迫る。

〈10月 インタビュー・ゲスト〉

友永和秀
作画担当
友永和秀(ともながかずひで)

『ルパン三世 カリオストロの城』では、カーチェイスのシーンを担当。「リトル・ニモ パイロットフィルム」の映像は米国のアニメ業界でも評判を呼んだ。日本のアニメーションを支え続ける現役アニメーターの一人。

11月の放送作品

出﨑統

11月は、俗に“出﨑演出”と称されるスタイルを持つ出﨑統監督に、代表作2作を通して迫ります。

〈放送作品〉

  • 11月4日(日)
    「劇場版 エースをねらえ!」(1979年日本/監督:出﨑統)
    「劇場版 あしたのジョー2」(1981年日本/監督:出﨑統)

〈インタビュー・ゲスト〉

  • 小林七郎(美術担当)

12月の放送作品

高畑勲

12月は、今年4月に逝去した日本アニメーション界、巨匠中の巨匠・高畑監督。彼がアニメーションに求めたものとは何だったのか?

〈放送作品〉

  • 12月2日(日)
    「じゃりン子チエ 劇場版」(1981年日本/監督:高畑勲)

〈インタビュー・ゲスト〉

  • 小田部羊一(作画担当)