世界がふり向くアニメ術

ルパン三世(PART1)【アニメ術】
第一日曜よる9時

日曜よるは、日本のアニメーション映画を深掘りする。 今や世界を魅了する日本のアニメ映画。名作の本編と共に、
研究者による解説やスタッフのインタビューで、作品の魅力を紐解きます。

『ルパン三世(PART1) 【アニメ術】』ほか

お申込みから約30分で見られます! 加入月は視聴料0円! 詳しくはこちら スカパー!

『世界がふり向くアニメ術』では、毎月一人の監督、演出家を取り上げ、代表的な劇場用作品を1~2本オンエアします。本編の前後にはアニメ研究の第一人者・氷川竜介さんによる「どこをどう見るべきか」との解説や、制作に携わったスタッフたちのインタビューも。「映画」の見方でアニメーションを観る──よく知っていたはずの作品にさえ、きっと新しい発見があることでしょう。

氷川竜介

■ 解説者:氷川竜介

1958年生まれ、東京工業大学卒。明治大学大学院 特任教授。1977年、最初期のアニメ特撮マスコミでデビュー。メーカー勤務を経て2001年に文筆家として独立、数々の媒体に記事を執筆し、「NHK BSアニメ夜話」などに解説者として出演。日本のアニメーション、特撮研究の第一人者である。文化庁メディア芸術祭審査委員、毎日映画コンクール審査委員、声優アワード審査委員、東京国際映画祭プログラミング・アドバイザーなどを歴任。主な編著等:「20年目のザンボット3」(太田出版)、「世紀末アニメ熱論」(キネマ旬報社)、「アキラ・アーカイヴ」(講談社)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集」(カラー)、「日本特撮に関する調査報告書」(文化庁)、「細田守の世界--希望と奇跡を生むアニメーション」(祥伝社)、「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」(カラー)など。

7,8月の放送作品

7、8月の「世界がふり向くアニメ術」は特別編成として、3ヶ月連続「日本アニメ史に残る3大名作」をお届けいたします。