シネフィル プレミアム

エクス・マキナ
月曜よる9時

時代を超えて愛される、それが名画。 近年制作された世界中の作品から、後世に遺したい名作映画を厳選してお届けします。

『エクス・マキナ』ほか

10月の放送作品

  • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

    10月1日(月) 21:00

    皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

    2015年 イタリア
    監督:ガブリエーレ・マイネッティ
    出演:クラウディオ・サンタマリア/ルカ・マリネッリ

    舞台はイタリア。日本産アニメ『鋼鉄ジーグ』のファンである少女を愛する主人公がスーパーパワーを得て人生を再出発させようと挑む、男泣き必至のファンタジーアクション。

    第60回 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 主演男優賞 (イタリア・アカデミー賞)

  • エクス・マキナ

    10月8日(月) 21:00

    エクス・マキナ

    2014年 イギリス
    監督:アレックス・ガーランド
    出演:ドーナル・グリーソン/アリシア・ヴィカンダー

    最新人工知能の研究を手伝うことになった青年は美しい女性型ロボットと交流するが、予期せぬ運命に……。第88回アカデミー賞で視覚効果賞に輝いたSFサスペンスの秀作。

    第88回 アカデミー賞 視覚効果賞

  • ペコロスの母に会いに行く

    10月15日(月) 21:00

    ペコロスの母に会いに行く

    2013年 日本
    監督:森﨑東
    出演:岩松了/赤木春恵

    認知症を患った母親の介護体験を描いた岡野雄一のエッセイ漫画を、人情喜劇の巨匠・森﨑東監督がユーモアとペーソスを織り交ぜて映画化し、絶賛を博した感動の秀作ドラマ。

    キネマ旬報/日本映画ベスト・テン(2013年度) 1位

  • 未来よ こんにちは

    10月22日(月) 21:00

    未来よ こんにちは

    2016年 フランス=ドイツ
    監督:ミア・ハンセン=ラヴ
    出演:イザベル・ユペール/アンドレ・マルコン

    さまざまな試練を乗り越えて軽やかに生きる大人の女性をI・ユペールが好演。第66回ベルリン国際映画祭でM・ハンセン=ラヴ監督が銀熊賞(監督賞)に輝いた秀作ドラマ。

    第66回 ベルリン国際映画祭 銀熊賞

  • ブラック・バタフライ

    10月29日(月) 21:00

    ブラック・バタフライ

    2017年 アメリカ=スペイン
    監督:ブライアン・グッドマン
    出演:アントニオ・バンデラス/ジョナサン・リス=メイヤーズ

    ラテン系人気男優A・バンデラスと、『マッチポイント』などのJ・リス=メイヤーズ。2人の個性派男優が顔をそろえ、息詰まる演技合戦を繰り広げたサスペンススリラー。

11月の放送作品

  • ボーダーライン

    11月5日(月) 21:00

    ボーダーライン

    2015年 アメリカ
    監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    出演:エミリー・ブラント/ベニチオ・デル・トロ

    米国とメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬密売をめぐるすさまじい攻防戦を、「ブレードランナー 2049」のD・ヴィルヌーヴ監督が、迫真の臨場感で鮮烈に描いた衝撃作。

  • ラビング 愛という名前のふたり

    11月12日(月) 21:00

    ラビング 愛という名前のふたり

    2016年 イギリス=アメリカ
    監督:ジェフ・ニコルズ
    出演:ジョエル・エドガートン/ルース・ネッガ

    1950~60年代、法を破っても異人種間結婚をしようとした白人男性とアフリカ系女性を描いた感動の実話。R・ネッガが第89回アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。

  • 真木栗ノ穴

    11月19日(月) 21:00

    真木栗ノ穴

    2007年 日本
    監督:深川栄洋
    出演:西島秀俊/粟田麗

    主演は西島秀俊。古びたアパートの部屋の壁に開いた穴から隣室を覗き込んでは、それを官能小説の題材にして書き綴る作家。彼が体験する不思議な運命を綴る、独特な幻想譚。

  • はじまりの街

    11月26日(月) 21:00

    はじまりの街

    2016年 イタリア=フランス
    監督:イヴァーノ・デ・マッテオ
    出演:マルゲリータ・ブイ/ヴァレリア・ゴリノ

    夫の家庭内暴力から逃れ、トリノへと移り住んだ1組の母子。周囲の人々に支えられながら彼らが新天地に次第に溶け込んでいくさまを、優しいまなざしで見つめた感動ドラマ。