特集「デヴィッド・フィンチャー」

ファイト・クラブ
6/8(土)16:00~

『ファイト・クラブ』ほか

娯楽性と作家性を絶妙なバランスで同居させる鬼才デヴィッド・フィンチャー

ハリウッドを代表するメジャー監督でありながら、色調を抑えた独特の映像と人間の深層心理を描き出すストーリーで、高い作家性を見せる鬼才デヴィッド・フィンチャーの作品を、3作品特集放送します。

  • ドラゴン・タトゥーの女

    6月8日(土)16:00

    ドラゴン・タトゥーの女

    2011年 アメリカ
    監督:デヴィッド・フィンチャー
    出演:ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ

    世界的ベストセラー小説をデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。ジャーナリストと天才リサーチャーが少女失踪事件に迫る。出演はダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ。

  • パニック・ルーム

    6月8日(土)19:00

    パニック・ルーム

    2002年 アメリカ
    監督:デヴィッド・フィンチャー
    出演:ジョディ・フォスター/フォレスト・ウィテカー

    ジョディ・フォスターの鬼気迫る熱演に息詰まるサスペンス。娘役は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、監督は『セブン』のデヴィッド・フィンチャー。

  • ファイト・クラブ

    6月8日(土)21:00

    ファイト・クラブ

    1999年 アメリカ
    監督:デヴィッド・フィンチャー
    出演:エドワード・ノートン/ブラッド・ピット

    ブラッド・ピットが『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督とまたも組み、アナーキーなカリスマ役を激演した、衝撃のバイオレンスムービー。エドワード・ノートン共演。