特集「黄金時代のイタリア映画」

カサンドラ・クロス
4/21(土)スタート

『カサンドラ・クロス』ほか

イタリアの名作30本を振り返る

イタリア映画界がその才能を世界に知らしめた、1950〜1970年代。黄金時代に生み出されたイタリア映画を、シネフィルWOWOWでは4月〜6月にかけて30作品を特集放送します。

第二次大戦後、市民の厳しい現実を描いたヴィットリオ・デ・シーカらのネオレアリズモ。その母胎から生まれ、独自の芸術的世界へと作品を昇華させたルキーノ・ヴィスコンティら巨匠たち。世界的な映画スター、ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニを輩出し、1950年代に黄金時代を迎えたイタリア映画。1960年代には、イタリア製西部劇マカロニ・ウエスタンが流行。アウトローな主人公と残酷描写が鮮烈だった。1960年代末には、ヌーヴェルヴァーグに触発されたベルナルド・ベルトルッチら若い映画作家がイタリア映画界に変革をもたらした。芸術、エンタテインメントに情熱を燃やし、イタリアの才能を世界に示した1950~1970年代。黄金時代のイタリア映画は、今もなおその輝きを失っていない。
シネフィルWOWOWでは、4月~6月にかけて、黄金時代のイタリア映画30作品を特集放送します。

イタリア女優に憧れて〈4月21日(土)~26日(木)よる〉

野性的で肉感的なソフィア・ローレン、物憂げな雰囲気に惹かれたモニカ・ヴィッティ、優雅で妖艶なシルヴァーナ・マンガーノ、コケットリーを発散するロッサナ・ポデスタ…。イタリアの女優は、銀幕でしか逢うことのできない憧れの存在だった。

  • カサンドラ・クロス
    ソフィア・ローレン

    4月21日(土)21:00〜

    カサンドラ・クロス

    1976年 イタリア=イギリス
    監督:ジョージ・P・コスマトス
    出演:リチャード・ハリス/ソフィア・ローレン

    バート・ランカスター、ソフィア・ローレン、リチャード・ハリス他豪華キャストで贈る、細菌兵器に感染した男が乗る列車を巡るドラマティックなパニック・サスペンス。

  • ひまわり
    ソフィア・ローレン

    4月22日(日)21:00〜

    ひまわり

    1970年 イタリア=フランス
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    出演:ソフィア・ローレン/マルチェロ・マストロヤンニ

    戦争に引き裂かれる男女の運命を描いた、恋愛ドラマの名作。監督は『自転車泥棒』のヴィットリオ・デ・シーカ。出演はソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ。

  • 夜
    モニカ・ヴィッティ

    4月23日(月)23:00〜

    1961年 イタリア=フランス
    監督:ミケランジェロ・アントニオーニ
    出演:マルチェロ・マストロヤンニ/モニカ・ヴィッティ

    イタリアの鬼才M・アントニオーニ監督が、M・マストロヤンニとJ・モローを主演に迎えて夫婦の心のすれ違いを描き、第11回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した秀作。

  • アポロンの地獄
    シルヴァーナ・マンガーノ

    4月23日(月)深夜1:15〜

    アポロンの地獄

    1967年 イタリア
    監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
    出演:フランコ・チッティ/シルヴァーナ・マンガーノ

    ギリシャの詩人ソポクレスの戯曲で有名なオイディプス王の伝説をピエル・パオロ・パゾリーニが脚本を書き監督した。出演はフランコ・チッティ、シルヴァーナ・マンガーノ。

  • 黄金の七人
    ロッサナ・ポデスタ

    4月24日(火)23:15〜

    黄金の七人

    1965年 イタリア
    監督:マルコ・ヴィカリオ
    出演:フィリップ・ルロワ/ロッサナ・ポデスタ

    スイス銀行に眠る金の延べ棒を強奪するべく、一人の教授と謎の美女、そして6人の男たちが大奮闘。「ルパン三世」の元ネタとして知られる痛快クライム・アクション。

  • 続・黄金の七人/レインボー作戦
    ロッサナ・ポデスタ

    4月24日(火)深夜0:55〜

    続・黄金の七人/レインボー作戦

    1966年 イタリア
    監督:マルコ・ヴィカリオ
    出演:フィリップ・ルロワ/ロッサナ・ポデスタ

    「黄金の七人」の監督&出演陣が再結集した続編。スケールアップした今回は南米の独裁者を誘拐、大掛かりな作戦が進行する。ロッサナ・ポデスタの大胆な七変化も見もの。

  • 流されて…
    マリアンジェラ・メラート

    4月25日(水)23:00〜

    流されて…

    1974年 イタリア
    監督:リナ・ウェルトミューラー
    出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ/マリアンジェラ・メラート

    男と女の愛と性の極限を地中海の孤島を舞台に描く。主演のジャンカルロ・ジャンニーニとマリアンジェラ・メラートが濃厚な愛を体現。監督はリナ・ウェルトミューラー。

  • 流されて2
    マリアンジェラ・メラート

    4月25日(水)深夜1:15〜

    流されて2

    1987年 イタリア
    監督:リナ・ウェルトミューラー
    出演:マリアンジェラ・メラート/ミケーレ・プラチド

    『流されて…』のリナ・ウェルトミューラー監督が、8月の地中海を舞台に男と女の愛と性の極限を描く。出演はマリアンジェラ・メラート、ミケーレ・プラチド。

  • 青い体験 [吹替版]
    ラウラ・アントネッリ

    4月26日(木)22:45〜

    青い体験 [吹替版]

    1973年 イタリア
    監督:サルヴァトーレ・サンペリ
    出演:ラウラ・アントネッリ(池田昌子)/アレッサンドロ・モモ(鹿沼政仁)

    『毛皮のヴィーナス』で注目されたセクシー女優ラウラ・アントネッリを主演に迎え、お色気たっぷりに思春期の少年の性を描く。池田昌子による懐かしのテレビ吹替版。

  • 続・青い体験 [吹替版]
    ラウラ・アントネッリ

    4月26日(木)深夜0:30〜

    続・青い体験 [吹替版]

    1975年 イタリア=イギリス
    監督:サルヴァトーレ・サンペリ
    出演:ラウラ・アントネッリ(池田昌子)/アレッサンドロ・モモ(鹿沼政仁)

    ラウラ・アントネッリ主演。魅力的な女性を前に、思春期の少年の揺れ動く心と性を健康的に描くユーモアたっぷりの青春映画。池田昌子による懐かしのテレビ吹替版。

マカロニ・ウエスタンは砕けない〈4月27日(金)~5月あさ〉

アウトローな主人公が繰り広げる血しぶき舞い散るガン・アクション。 “面白ければそれでいいじゃないか”の精神で作られたイタリア製西部劇マカロニ・ウエスタンは、1960年代に世界的ブームを巻き起こすが、わずか10年ほどで衰退する。しかし、その精神は現代に受け継がれ、映画、音楽、マンガといった世界で確実に生き続けている。純粋な面白さ、映画を楽しむ熱気は、今もその温度を失っていない。

  • 荒野の一つ星

    4月27日(金)8:45〜

    荒野の一つ星

    1967年 イタリア
    監督:カルヴィン・ジャクソン・パジェット
    出演:ジュリアーノ・ジェンマ/テレサ・ギンペラ

    マカロニ・ウエスタンの貴公子ジュリアーノ・ジェンマ主演、『荒野の1ドル銀貨』のカルヴィン・J・パジェット監督。失脚させられた保安官が名誉回復のための闘いに挑む。

  • 暁のガンマン

    4月28日(土)10:00〜

    暁のガンマン

    1968年 イタリア
    監督:ジュリオ・ペトローニ
    出演:ジュリアーノ・ジェンマ/マリオ・アドルフ

    マカロニ・ウエスタンの貴公子ジュリアーノ・ジェンマと名優マリオ・アドルフが絶妙の凸凹コンビを好演。男の友情を軽快でユーモラスに描いたコメディタッチの西部劇。

  • シルバー・サドル 新・復讐の用心棒

    4月29日(日)10:00〜

    シルバー・サドル 新・復讐の用心棒

    1978年 イタリア
    監督:ルチオ・フルチ
    出演:ジュリアーノ・ジェンマ/スヴェン・ヴェルサッチ

    残虐ホラー『サンゲリア』のルチオ・フルチ監督によるマカロニ・ウェスタン。ジュリアーノ・ジェンマが人情味溢れるガンマンに扮し、賞金首を匿い事件の真相を暴く。

  • カリフォルニア~ジェンマの復讐の用心棒

    4月30日(月)9:00〜

    カリフォルニア~ジェンマの復讐の用心棒

    1977年 イタリア=スペイン
    監督:ミケーレ・ルーポ
    出演:ジュリアーノ・ジェンマ/ウィリアム・バーガー

    『南から来た用心棒』『新・さすらいの用心棒』でも組んだミケーレ・ルーポ監督とジュリアーノ・ジェンマ主演によるマカロニウエスタン。銃を使わない異色のラストに注目。

  • 怒りの用心棒

    5月1日(火)8:00

    怒りの用心棒

    1969年 イタリア
    監督:トニーノ・ヴァレリ
    出演:ジュリアーノ・ジェンマ/ウォーレン・ヴァンダース

    テキサス州ダラスを舞台に、大統領暗殺犯にされてしまった友の名誉を守るべく悪の組織に立ち向かう男を描いた異色ウェスタン。ジュリアーノ・ジェンマが主演を務めている。

  • 復讐のガンマン

    5月2日(水)7:45

    復讐のガンマン

    1966年 イタリア=スペイン
    監督:セルジオ・ソリーマ
    出演:リー・ヴァン・クリーフ/トーマス・ミリアン

    エンニオ・モリコーネによる本作の音楽が「イングロリアス・バスターズ」に使われたことでも知られる、S・ソリーマ監督&L・ヴァン・クリーフ主演のマカロニウエスタン。

  • 怒りのガンマン/銀山の大虐殺

    5月3日(木)7:30

    怒りのガンマン/銀山の大虐殺

    1972年 イタリア
    監督:ジャンカルロ・サンティ
    出演:リー・ヴァン・クリーフ/ピーター・オブライエン

    リー・ヴァン・クリーフの早撃ちが炸裂するマカロニ・ウエスタン。大金がかかったお尋ね者を追って、荒くれ賞金稼ぎ一味と非情な元保安官が熾烈な争奪戦を繰り広げる。

  • 復讐無頼・狼たちの荒野

    5月4日(金)7:30

    復讐無頼・狼たちの荒野

    1968年 イタリア=スペイン
    監督:ジュリオ・ペトローニ
    出演:トーマス・ミリアン/オーソン・ウェルズ

    『情無用のジャンゴ』のトーマス・ミリアンとハリウッドの巨匠オーソン・ウェルズが共演した壮大なマカロニ・ウエスタン。メキシコ革命を背景に男たちの確執を描いた傑作。

  • 荒野のみな殺し

    5月5日(土)8:15

    荒野のみな殺し

    1966年 イタリア
    監督:ジュゼッペ・ヴァリ
    出演:ジャコモ・ロッシ・スチュアート/ダン・ヴァディス

    南北戦争終結後、元南軍大佐が隠し持つ大金をめぐって争奪戦が展開。ジャック・スチュアートこと「呪いの館」のジャコモ・ロッシ・スチュアート主演のマカロニウエスタン。

  • 野獣暁に死す

    5月6日(日)8:30

    野獣暁に死す

    1968年 イタリア
    監督:トニーノ・チェルヴィ
    出演:モンゴメリー・フォード/仲代達矢

    恋人殺しの濡れ衣を着せられ、真犯人への復讐に燃える男を描いたマカロニ・ウェスタンの名作。主演はモンゴメリー・フォード。悪役として仲代達矢が出演している。

エンニオ・モリコーネの旋律〈5月〉

サンタ・チェチーリア音楽院でトランペットと作曲を学び、1960年頃からスタジオ・オーケストラの指揮者として多くのレコーディングに携わってきたエンニオ・モリコーネ。約60年に渡るキャリアの中で、手がけた映画音楽は、長編だけで500本以上。あまりにも多彩、魅力的な楽曲の数々。ほんの一部ですが、その才能を余すことなく伝える4作品をご紹介。

  • 狼の挽歌

    5月6日(日)23:00

    狼の挽歌

    1970年 イタリア
    監督:セルジオ・ソリーマ
    出演:チャールズ・ブロンソン/テリー・サヴァラス

    男気あふれる魅力の人気スター、チャールズ・ブロンソンの代表作。愛する女性に翻弄される一匹狼の殺し屋を描いたハードボイルド・アクション。共演はテリー・サヴァラス。

    エレキギターがぐわーんと脳髄を揺さぶり、シンプルながら耳に残るストリングスのメロディが続く。こんな曲も作れてしまうところが、唯一無二。

  • 豹/ジャガー

    5月6日(日)深夜1:00

    豹/ジャガー

    1968年 イタリア=スペイン
    監督:セルジオ・コルブッチ
    出演:フランコ・ネロ/ジャック・パランス

    1910年代、革命騒ぎさなかのメキシコを舞台に、凄腕の雇われガンマンが、革命軍と政府軍の間を巧みに綱渡りしながら大暴れする様子を痛快に描いたマカロニウエスタン。

    口笛&オーケストラで奏でられる荘厳なメロディ。五臓六腑に染み渡る格好良さ。

  • わが青春のフロレンス

    5月7日(月)23:15

    わが青春のフロレンス

    1970年 イタリア
    監督:マウロ・ボロニーニ
    出演:マッシモ・ラニエリ/オッタヴィア・ピッコロ

    19世紀、イタリアのフィレンツェ(英語ではフロレンス)で階級闘争に挑んだ青年と彼が愛した女性たちを描く物語。第23回カンヌ国際映画祭でO・ピッコロが女優賞受賞。

    心に染みるメロディとは、これのこと。全編ほぼこのメロディ1本で通す潔さ。それほどの名曲。

  • わたしは目撃者

    5月7日(月)深夜1:15

    わたしは目撃者

    1970年 イタリア=西ドイツ=フランス
    監督:ダリオ・アルジェント
    出演:ジェームズ・フランシスカス/カール・マルデン

    イタリアン・ホラーの巨匠ダリオ・アルジェントが手がけたサスペンス。学者の言い争いを偶然耳にした盲目の男が、恐ろしい連続殺人事件に巻き込まれていく様を描く。

    甘く、切なく、哀愁に満ちた旋律。モリコーネの音楽に彩られたアルジェント初期作品には、その後の作品とは代えがたい気品がある。

ヴィスコンティからベルトルッチ〈5月、6月〉

戦後イタリアのネオレアリズモ運動に端を発し、独自の芸術的世界へと作品を昇華させたルキーノ・ヴィスコンティ。ヌーヴェルヴァーグに触発され、イタリア映画界に変革をもたらしたベルナルド・ベルトルッチ。イタリア映画の黄金時代を駆け抜けた巨匠の作品群に酔いしれる。

ルキーノ・ヴィスコンティ Luchino Visconti

  • 夏の嵐

    5月14日(月)23:00

    夏の嵐

    1954年 イタリア
    監督:ルキーノ・ヴィスコンティ
    出演:アリダ・ヴァリ/ファーリー・グレンジャー

    名誉ある美しい伯爵夫人が若い軍人との恋に溺れて身を滅ぼす姿を退廃的に描いた、巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ監督の名作。ヴェネチアの街を彷徨う貴婦人の姿が美しい。

  • 白夜(1957)

    5月21日(月)23:00

    白夜(1957)

    1957年 イタリア
    監督:ルキーノ・ヴィスコンティ
    出演:マルチェロ・マストロヤンニ/マリア・シェル

    ドストエフスキーの短編小説を『夏の嵐』のルキーノ・ヴィスコンティが映画化したラブロマンス。イタリアの港町を舞台に、青年と恋人を待つ少女の恋模様を幻想的に描く。

  • 若者のすべて [4Kレストア版]

    5月28日(月)22:45

    若者のすべて [4Kレストア版]

    1960年 イタリア=フランス
    監督:ルキーノ・ヴィスコンティ
    出演:アラン・ドロン/アニー・ジラルド

    『山猫』のルキーノ・ヴィスコンティ監督が贈る不朽の名作。イタリアの大都会ミラノで懸命に生きる兄弟の確執と絆を描いた珠玉の人間ドラマ。主演はアラン・ドロン。

ベルナルド・ベルトルッチ Bernardo Bertolucci

  • ベルトルッチの分身

    6月放送予定

    ベルトルッチの分身

    1968年 イタリア
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    出演:ピエール・クレマンティ/ステファニア・サンドレッリ

  • 暗殺のオペラ[2Kレストア版]

    6月放送予定

    暗殺のオペラ[2Kレストア版]

    1970年 イタリア
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    出演:ジュリオ・ブロージ/アリダ・ヴァリ

  • 暗殺の森

    6月放送予定

    暗殺の森

    1970年 イタリア=フランス=西ドイツ
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    出演:ジャン=ルイ・トランティニャン/ドミニク・サンダ

    巨匠ベルナルド・ベルトルッチ監督の代表作。1928年から43年までのローマとパリを舞台にファシズムの発生とその崩壊を描く。