特集「座頭市とドラゴン」

座頭市
9/8(日)8:00~、9/23(月・祝)7:00~

『座頭市(1989)』ほか

ブルース・リーの憧れた勝新太郎の『座頭市』。競演の叶わなかった2人のスターを特集放送。

ブルース・リーが『座頭市』のファンだったことは、有名な話。『ドラゴン 怒りの鉄拳』の敵役にと勝新太郎にオファーするも断られ、勝新の紹介により橋本力が出演したという逸話もよく知られています。
叶わなかったアジア二大アクション・スターの共演に思いを馳せつつ、日本中でドラゴン旋風を巻き起こしたブルース・リー主演の4作品、そして、勝新太郎主演『座頭市』シリーズから、殺陣がしびれるほど格好良い3作品をお届けします。

  • 座頭市千両首

    9月8日(日)8:00

    座頭市千両首

    勝新太郎が主演した痛快時代劇『座頭市』シリーズ第6作。盲目の渡世人・市は、自分の身の潔白を証明せざるを得ない事態に。コミカルな面も強調された市は魅力をアップ。

  • 座頭市血煙り街道

    9月8日(日)9:30

    座頭市血煙り街道

    勝新太郎が当たり役を好演した痛快時代劇『座頭市』シリーズ第17作。1989年のルトガー・ハウアー主演『ブラインド・フューリー』は、本作のハリウッドリメイク版。

  • 座頭市(1989)

    9月8日(日)11:05

    座頭市(1989)

    1989年、伝説の男優・勝新太郎が最大の当たり役だった時代劇ヒーロー座頭市を最後に演じた要注目作。勝自身が監督・主演・脚本・製作の4役をこなした痛快編。

  • ドラゴン危機一発

    9月8日(日)13:10

    ドラゴン危機一発

    ブルース・リーの記念すべき初主演作にして香港クンフー映画ブームの発火点となった傑作アクション。麻薬を密売するギャング団を相手に、主人公チェンが立ち向かう。

  • ドラゴン怒りの鉄拳

    9月8日(日)15:00

    ドラゴン怒りの鉄拳

    ブルース・リーの主演第2作。1900年初頭の上海を舞台に、日本帝国の圧政に立ち向かう中国人たちの反骨精神と哀しいドラマを、リーの豪快な武術シーンを交えて描く。

  • 最後のブルース・リー/ドラゴンへの道

    9月8日(日)17:00

    最後のブルース・リー/ドラゴンへの道

    ブルース・リーが企画製作、監督、脚本、主演、武術指導まで5役を務めたクンフーアクション。華麗なヌンチャク使いやコロシアムでの死闘など伝説となった名シーンが満載。

  • 死亡遊戯

    9月8日(日)19:00

    死亡遊戯

    国際犯罪シンジケートに挑む男の姿を描いたブルース・リーの遺作。『燃えよドラゴン』のロバート・クローズが監督を務め、世紀の大スターの最後の勇姿を写し取っている。

9月23日(月・祝)7:00~の再放送では、「ドラゴン」シリーズを吹替版で放送します。