NOW SHOWING ネットで観られる映画を語る...and MORE!

【世界がふり向くアニメ術】インタビュー 友永和秀①

シネフィルWOWOWで毎月第一日曜のよる9時から放映中の「世界がふり向くアニメ術」。インタビュー・ゲストの面白いお話が番組だけでは紹介しきれないので、チャンネルのブログでテキストにまとめていこうと思います。第1回はアニメーターの友永和秀さん。3回に分けてお届けします。

 

 

友永和秀(ともなが・かずひで)

1952年生まれ。1971年、タイガープロに入社、当時のTVアニメ『マジンガーZ』や『デビルマン』の原画を担当。1975年、オープロダクションに移り、『UFOロボ グレンダイザー』『マグネロボ ガ・キーン』等のロボット・アニメ、『未来少年コナン』等の原画を手掛ける。1979年、テレコム・アニメーションフィルムに出向し『ルパン三世 カリオストロの城』のカーチェイス・シーンを担当。1981年のTV番組「日生ファミリースペシャル 姿三四郎」で作画監督に。以後、数々の作品で原画、作画監督、絵コンテ等を担当し、近年の『ルパン三世 PART IV』(2015)、『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』(2016)では総監督も務める。原画を担当した『どろろ』(2019)のオープニングも話題。

 

 

 

──アニメの世界に入られたきっかけを教えてください。

 

中学校の頃に漫画を描いてたんですよね、友だちと一緒に。石森(後の石ノ森)章太郎の「マンガ家入門」(1965年刊)なんか読みながら。だけど描いていくうちに、自分はストーリーテラーじゃない、ストーリーが作れないということが判ってきて、どうしようかなと考えているうちにアニメーションというものを知って、絵を描くだけだったら出来るんじゃないかと思うに至ったんです。当時の東映の漫画映画を何本か観ていくうちにアニメーターって仕事は面白いな~って思いまして、それでやっと見つけたアニメーション制作の通信教育を受けながら、会社を紹介してもらって、この業界に入ったんですけどね。

 

最初に入ったのは東映動画(現・東映アニメーション)の下請けの作画プロダクションで、今はもうないと思いますけれども。実際に入ってみると、納品までのスケジュールが厳しいのと、「プロダクション」といっても民間の二間のアパートなんですね。だから忙しくなると会社に寝泊まりもして、凄い世界だなあと思いましたけどね、ええ。

 

──やがて宮崎駿監督の作品でお名前を見るようになります。

 

『パンダコパンダ』(1972)を観た時に、「ああ、凄いなあ、こういう仕事が出来たらいいなあ」と思いましてね。そういうことが出来る会社はどこだろうということで、そこからオープロダクション(1970年設立)に行けば、多分、宮崎駿さんだとか大塚康生さんだとか、小田部羊一さんら、東映の長編を経てきた人たちの仕事に携われる機会があるんじゃないかと、それで移ったんです。でもその頃のオープロは東映動画のTV放映用のロボットものもやってまして、僕はそっちの担当になり、他のスタッフが『母をたずねて三千里』(1976)をやってるのを横目で見ながら「いつかやりたいなあ」と思ってました。その後、『未来少年コナン』(1978)の仕事が来たので、ちょっとこっちをやらせてもらいたいと。それで大塚さんや高畑さんにお目にかかったんです。でも、最初はなかなか描くのが難しくて、端から見て「いいなあ」と思っていたのと、実際に描いてみるのではえらい違いでしたね。

 

──やはりロボットものとは違いますか。

 

違いますねえ。当時の東映のTV作品は枚数制限があったりして、一見派手な絵で画面をパッパッと切り替えていって、まあ、あまり手間がかからないように作っていたんですけれども、大塚さんの『コナン』は画面中をキャラクターたちが縦横無尽に動きまくって、全然要求されるレベルが違っていました。ロボットものはロボットもので美形キャラを描いたりしなくちゃいけなくて、それはそれで難しさがあるんですけどね。大塚さんや宮崎さんのは適切に動かせるようにキャラクターのデザイン、造形は非常にシンプルなんですが、画面そのものが伝えるものは現実的なんですね。日常芝居も自然現象も描かなきゃいけないし、ギガントの上での闘いみたいな、ああいうアクションも描かなきゃいけない。要求される動きの種類がものすごく幅広くて、やっぱり色々ショックを受けましたね。

 

宮崎さんが描く絵コンテには既に画面や動きのエッセンスが全部組み込まれているんですよね。それをどうやって実際の画面に出る動きとして再現していくか、そこに悩みました。自分にはないものを絞り出すように描いていましたね。ただ、それはそれで本当に面白かったです。でも、とにかく一週間に1回アップしなくちゃいけないので、描けなくても迷ってるヒマはない。のたうち回りながらやるしかないんです。その勢いで「速く描く」ことを覚えましたし、エフェクトや色んな描き方、場面場面によってどう処理していくか、ということを学んだようなところがありますね。非常に勉強になりました。なにしろスケジュールがないからダメ出しはないんですけど、僕が描いたものを宮崎さんがどんどん直していってましたね。

 

──そして、高畑勲監督とのお仕事も始まりますね。

 

『コナン』が終わって、劇場用一作目の『ルパン三世(ルパンVS複製人間)』(1978)なんかを少し手伝ったかもしれません。それでTVシリーズの『赤毛のアン』(1979)をやって。『赤毛のアン』は高畑さんの演出で、何もないグリーンゲイブルズの日常芝居を淡々と……少女が成長していく物語で、お話は非常に面白いんですけれど、描く方としては部屋の中を歩いたり立ったり座ったり、食器を片付けたり、服を着たり脱いだり。なんてことはないように見えますけれど、実際に描いてみるとものすごく難しいんですよね。日常芝居ってごまかしが利かないんです。たとえばアンが部屋に入ってくるときも、ドアの開け方だとか足の踏み出し方だとか、そういう動作って現実に自分がやってる時は無意識で自然にやってるわけですけれど、いざ絵にするとなると、計算を間違えれば足がドアにぶつかったりするわけですね。もう何回も何回も描き直しました。服を脱ぐ芝居なんかも普通は動作の途中でカットを割ってうまくごまかしたりするんだけど、その動作をフルで描かされた時はもう難しくて。服を脱ぐときにその服の中で身体がどう動いているのか……そんな難しい描写を高畑さんはスケジュールや枚数の制約の多いテレビの仕事でも平気でやらせるんですね。でも、そういう経験を積むとものすごく表現の勉強になる。ベッドの上で服を畳むカットなんてのもありました。右の袖と左の袖をこう畳む絵を描いたときに、高畑さんに「これはごまかしてる。この絵とこの絵の間にもう一枚原画がないと上手く動きませんよ」なんて指摘される。高畑さんは自分では絵を描かないけれども、原画を見る目、絵を見る目というのはものすごく鋭かった。『アン』は最初の頃は宮崎さんがレイアウトを描いてくださっていたので、そういう難しそうな動きはレイアウトの中の要所要所にラフの絵を入れてくれて、誰が描いても間違いがないようにしてくれてたんです。でも、『アン』が変化の少ない世界だったこともあって、宮崎さんが途中で抜けちゃったんですよね。その後、現場はちょっと苦労することになりました。

 

──劇場版の『じゃりン子チエ』(1981)はもっと型破りな作品です。

 

とにかく高畑さんがものすごく原作が気に入ってたんですよね。だからその原作のエッセンスとかいいところを取り入れながらやったんですけどね。作画監督は小田部羊一さんで、小田部さんのチエはものすごく微妙なんです。チエの頬の線とか何枚も何枚も描き直しておられました。僕らから見たら「どこが違うんだろう?」と思うくらいの差なんですが、本当にデリケートなんです。小田部さんの日常芝居はやっぱり凄いですよねえ。僕なんかはテツを『コナン』のダイス船長みたいな感じで、楽しみにやらせていただきましたけどね。楽しかったけど、難しかったなー。ここでも高畑さんの理詰めのアプローチは徹底していて、あのホルモン屋の椅子とカウンターの位置関係だとか、チエが居る場所によってその空間の中での頭の高さがどうなるだとか、画面奥から手前まで何歩歩いたらこれくらいの大きさになるだとか、ものすごく厳密にやるんです。でも、高畑さんはそういうリアルな表現は要求しながら、原作にある漫画っぽい部分も、それはそれで、楽しんでやるんですよね。いきなり顔がデカくなってワーッと言ったりとか。僕もブレーンバスターのシーンなんかは楽しんで描きました。ああいうのも高畑さんけっこう好きなんですよねえ。あとオープニングで巨大なゲタがね、『スター・ウォーズ』みたいに画面の上からダーッと入っていったりする。あの頃『スター・ウォーズ』が流行ってたから、そういうのを馬鹿馬鹿しく取り入れる。ああいうことをするのが高畑さんの面白いところですね。あの理詰めの人が、不思議なんですよね。時々、ふざけたことを言ってみると「あ、それ面白いね!」って意外と取り入れてくれたり。でも、なぜそれが面白いかという理屈を文章化したりとか、ええ(笑)。そういうところ、面白いですよねえ。

 

高畑さんには『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994)の時も「ちょっとテレビ的なごまかし方してる」なんて言われたものです。タヌキが立ち止まるカットで、普通はトットットッと定速で歩かせて最後に一枚揺れ戻しの絵を付けて済ませたりするんですけれど、「こんな単純には止まらない。何歩かの間にスピードを緩めて止まりますよね」と。それで描き直させられて。そういうことを非常にリアルに追求されるんですね。まー、とにかく理詰めで来られるんで、ごまかせないんですよね(笑)。宮崎さんは意外と絵や動きに雰囲気が出てれば「いいね!」って言ってくれるところがあるんですけど、高畑さんはごまかせない。それが30数年前の話ですからね。遺作となってしまった『かぐや姫の物語』(2013)なんか、「原画やってる人は大変だったろうな~~~~!」と思うんですよ。

 

(つづきます)

 

 

聞き手:山下泰司(「世界がふり向くアニメ術」プロデューサー)

取材協力:トムス・エンタテインメントテレコム・アニメーションフィルム

 

 

 

「世界がふり向くアニメ術」はシネフィルWOWOWで毎月第1日曜日、よる9時〜オンエア中です(再放送もあります)。