NOW SHOWING ネットで観られる映画を語る...and MORE!

【世界がふり向くアニメ術】インタビュー 友永和秀②

 

アニメーターの友永和秀さんの第2回は『ルパン三世 カリオストロの城』のお話。

 

シネフィルWOWOWで毎月第一日曜のよる9時から放映中の「世界がふり向くアニメ術」。インタビュー・ゲストの面白いお話が番組だけでは紹介しきれないので、チャンネルのブログでテキストにまとめていこうと思います。

 

友永和秀(ともなが・かずひで)

1952年生まれ。1971年、タイガープロに入社、当時のTVアニメ『マジンガーZ』や『デビルマン』の原画を担当。1975年、オープロダクションに移り、『UFOロボ グレンダイザー』『マグネロボ ガ・キーン』等のロボット・アニメ、『未来少年コナン』等の原画を手掛ける。1979年、テレコム・アニメーションフィルムに出向し『ルパン三世 カリオストロの城』のカーチェイス・シーンを担当。1981年のTV番組「日生ファミリースペシャル 姿三四郎」で作画監督に。以後、数々の作品で原画、作画監督、絵コンテ等を担当し、近年の『ルパン三世 PART IV』(2015)、『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』(2016)では総監督も務める。原画を担当した『どろろ』(2019)のオープニングも話題。

 

 

──また宮崎駿さんの作品に戻りますけれど、友永さんと言えば『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)のカーチェイスのシーンが有名ですね。

 

『カリオストロ』は大塚さんが「面白い企画があるんだけど」と宮崎さんを誘ったという話ですよね。そうしたら宮崎さんが「じゃあ行ってみようか。僕が監督をやってあげてもいいよ」みたいな感じで、テレコム・アニメーションフィルムに来られたらしいんですけれど。

 

テレコムは、当時の東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)の藤岡豊社長の肝煎りで、アメリカと長編の合作を作りたいということでムービーとは別に作った会社なんですよね。世界に打って出たいというすごい夢を抱いて、『リトル・ニモ』という企画で、ハリウッドまで乗り込んで。ただ、なかなか実制作には動きださなかったので、その間にアニメーターの訓練もしなきゃいけないということで、最初は劇場版の『ルパン三世(ルパンVS複製人間)』(1978)をやったり、TVの『ルパン』のセカンド・シリーズをやったり。それで次は『カリオストロ』ということになったわけですね。それで、大塚康生さんがいて、なおかつ長編を作る会社、ということで、アニメ業界ではみんながワーワー言って行きたがった。僕がいたオープロなんかでも、みんなが「テレコムに行くんだ!」なんて盛り上がってたんです。さすがに問題になってしまって、結局、その時の僕は「出向」という形でテレコムに行って『カリオストロ』を手伝うことになりました。

 

カーチェイスのシーン、自分が車を描くとは思ってなかったんですよ。今でも運転免許を持ってないし、知識もないし。それまで車を描いたことがないわけじゃないけれど、ただ奥に行くとか手前に来るとか、停まってる車があるとか、あくまでも記号的な表現で。だから打ち合わせであのシーンをやるってなった時に「参ったなあ~」って思いました。ロボットとか戦闘機を描くんだったらいくらでもごまかせるんですよ。でも、車というのは日常に存在するもの、実際にタイヤが地面について走るものですね。もちろん、原画を描いて中割(=動画)を入れれば動くことは動くんですよ。でも、ただ動くだけじゃダメで、なにか存在感のある動き方をしなけりゃいけないだろうと。タイヤと地面の接し方にしてもその車の重さを感じさせないと。そういう現実感を表現しなくちゃいけないとは思うんだけれども、それを実際どう描けばいいのか分からなかった。でも、やっぱり宮崎さんの絵コンテには全てが詰まっていて、フィアットの走ってる感じとか、カリオストロ伯爵の手下の車とのチェイスとか、絵コンテからすごくエネルギーが出てるんですよね。だから車をどう表現するかというよりも、その絵コンテの雰囲気をどうやって再現するか。あの絵コンテから出てくるエネルギーをどうやって画面に移していくかという、もうそれだけでしたね。フィアットが林に突っ込んで鳥が入ってくるところなんかは大塚さんに直していただきました。どこまでは漫画っぽくやって、どこからはリアルにやるか、その塩梅がちょっと難しかったんです。あまりにも漫画っぽくやり過ぎて、ちょっと直されたりしました。ただ、上手くはないかもしれないけれど、無茶苦茶な勢いみたいなものを僕の原画から宮崎さんと大塚さんが感じてくれて、なんとか僕の描いたのを直して使えるようにしてもらった、というのが本当のところなんですよ。

 

フィアットの窓の大きさと乗ってるルパンと次元の大きさの関係はウソなんです。ルパンたちを大きめに描いてあるんですよ。本当はもっと窓に対して人間は小さいと思うんですけど、そう描くとフロントガラスから見たときのルパンたちが小さくなって絵面としてはスカスカになるんですよね。それをぎゅうぎゅう詰めに描くことによって、ルパンや次元の気持ち、キャラクターがフィアットに乗り移って、人馬一体となったように生き生きと動き出す。描いてるうちに偶然大きくなったんですけど、宮崎さんに「ああ、これいいな」って気に入ってもらって、そのまま採用してもらって、それは嬉しかったですね。

 

──あれほどの作品が、半年たらずの制作期間で出来たのが今では信じられないのですが。

 

最初からのスタッフは1979年の7月から始めていて、僕は8月くらいから入って、原画が終わったのは11月の半ばくらいだったかな。もう『未来少年コナン』の勢いでそのまま間髪入れず、ダーッとなだれ込んだような感じでした。みんな若かったですしね。僕も26、7歳、富沢信雄さんもそうだったし、田中敦子さんも22歳くらいで、30歳以上は宮崎さんと大塚さんくらいでした。ほかの原画マンもほとんど20代……30歳はいってなかったと思いますね。『コナン』の勢いと、劇場公開まで時間がないので、どうやったら表現の省力化が出来るかってことも宮崎さんは非常に考えられて、あんまり手間の掛かる凝った画面作りはしないで、上手く処理した部分があったんじゃないですかね。それがまた作品全体の勢いにつながって良かったのかもしれないですけど。時間がたっぷりありすぎると、1カット1カットをクイックアクションレコーダー(=描いた動画をビデオ撮影して簡易的に動きのシミュレーションをする機械)で見たりし出して、どんどん悩みの種が多くなっていく場合もあるんです。『リトル・ニモ』の準備なんかもいつまでも終わりませんでしたから……。

 

(つづきます)

 

聞き手:山下泰司(「世界がふり向くアニメ術」プロデューサー)

取材協力:トムス・エンタテインメントテレコム・アニメーションフィルム

 

 

 

「世界がふり向くアニメ術」はシネフィルWOWOWで毎月第1日曜日、よる9時〜オンエア中です(再放送もあります)。